沖縄収益.com TOP > 浜カフェ不動産・沖縄収益.comのスタッフブログ記事一覧 > ベトナム2021年の展望

ベトナム2021年の展望

≪ 前へ|オーシャンパークカタログ1   記事一覧   ホーチミン 開発状況|次へ ≫
カテゴリ:ベトナム不動産

べトナム不動産投資ならベトナム収益.com





2021年の ベトナム不動産 市場をリードする「トレンド

ベトナム不動産 市場は、2020年上半期困難を迎えていました。しかし、年末には「スピーディー」に回復し、一部のセグメントにおいても非常に発展しました。多くの専門家は、不動産市場は2021年に更に回復し活気に満ちると言います

ベトナム不動産

ベトナム不動産

74,500件の製品が取引される

2020年の不動産市場を見ると、ベトナム不動産 ブローカー協会のNguyễn Văn Đính副会長は、「ベトナムの不動産市場は上半期が落ち込み、2020年第3四半期から急速な回復の勢いを取り戻し、2020年後半には、2019年の取引成功の50%に相当する74,500件の取引に成功しました。」と述べた。

市場の動きについて、ハノイの投資コンサルティングSavillsのHoàng Nguyệt Minh副社長は、「2020年は不動産市場に多くの変化が見られた。小売、リゾート、ホテルの不動産セグメントは、COVID-19の流行によって大きな被害を受けました。オフィス、土地区画、アパートはあまり影響を受けていません。一方、工業用不動産は、自由貿易協定や世界の生産チェーンのシフト傾向により、外国人投資家から資本を引き付ける市場の「明るいポイント」だと述べた。

特に、コロナ流行の影響にもかかわらず、2020年の不動産価格は引き続き上昇しています。住宅不動産市場管理省(建設省)のHà Quang Hưng副局長によると、「高級マンションの価格は約0.5%上昇した。ミッドエンドアパートメントは約2~3%増加しました。土地区画は3~5%増加し、10%まで増加する可能性がる。また、低所得者、中所得者向けの住宅需要が非常に大きいが、供給が限られていると、市場は不動産の需給の不均衡を目の当たりにした。」と述べた。

ベトナムの不動産市場は2021年従来の勢いが戻るだろう

2021年のベトナム不動産市場の見通しについて、Sy Ngoc Khuong、Savillsベトナムのシニアディレクターは、「不動産市場は一般的に、ハノイで多くの新しいプロジェクトが立ち上げられ、住宅購入がブームになると予想する。不動産市場全般にとって、住宅市場は常に投資家、顧客の注目を集めており、おそらく2020年よりも成長を続けるセグメントになるでしょう。一方、オフィス、商業センター、サービスアパートメント、ホテルは更に困難になる」と述べた。

Khương氏によると、「産業用不動産は市場の「明るい点」であり続けていますが、これはインフラなどの資源を準備する点です。流行がコントロールされている間は投資家を引き付ける。」と述べている

Nguyễn Văn Đính氏も2021年のベトナムの不動産市場は2020年よりも成長するだろうと述べた。2021年の不動産価格は、2020年に比べて10%以上上昇する可能性があると

更に、金融専門家の博士Can Van Lucは、2021年に不動産市場を発展させる「プラス」があると述べた。「一般的に、市場は流行の状況に応じて急速に調整され、販売しています。次のような追加の改正法:(多くの大幅に削減されたポイントを持つ企業法)証券法は2021年初頭に施行され、企業の資金、資本動員に関する規定が適用されます。

さらに、より安全で安価な新しい土地を求める国際的な企業におけるサプライチェーンと外国生産へのシフトは、ベトナムの産業用不動産の機会を多く生み出します。もう一つの「プラス」は、公共投資の急速化であり、国の経済の全体的な成長に貢献しています。金利の問題に加えて、これは過去15年間で最も低い金利なので家を買ったり、投資したりする良い機会です。

2021年に同国の不動産をリードする傾向を予測し、Jones Lang LaSalle (JLL)の専門家は、今年の傾向は現在のニーズに合わせて開発または変更をする事と述べた。JLLの専門家によると、2021年に不動産市場をリードする5つの傾向があります。

まず、大規模なプロジェクトでは「都市部の都市」や「統合不動産」が頻繁に使用される傾向にあります。不動産市場は徐々に成長しており、住宅購入者は単に生きるスペースではなく、健康的で持続可能な生活環境に興味を持っています。したがって、デベロッパーは、将来の住民が急速な都市化と遅れた公共インフラの不満を助けるために、多くのユーティリティを持ち、計画された地域を形成することによって買い手を引き付ける方法を見つけ始めています。

2番目の傾向は、オフィスでのリモートワークトライアルとして注目されています。この変更は、多くの企業で行われ、COVID-19により「加速」しています。

もう一つの傾向は、電子商取引が物流および倉庫業界を牽引し、市場の主要な原動力になることです。ベトナムは現在、東南アジアで最も急成長している電子商取引市場の1つです。近年、サプライチェーンは消費者にサービスを提供することにますます焦点を当てており、配達のスピードは購買決定の主な要因の1つです。

従来の物流活動と比較して、電子商取引は労働を増やし、3倍以上の倉庫スペースを必要とします。これは、世界中の産業用不動産に対する投資家の需要の増加を促進する要因の一部です。

企業が依然として「緑率」と持続可能な方向性を維持しているという事実は、2021年にベトナムの不動産市場をリードする4番目の傾向です。分析によると、環境保護の取り組みは、多くの企業の開発計画で最初に考える重要部分の1つです。企業や投資家は今後のより良く、より持続可能な未来のために、「緑率」の維持に期待しています

第5のトレンドは、健康とヘルスケア業界に向けた投資家の傾向です。2021年には、健康管理に主要セクターの投資家の関心が高まります。国内外の投資家は健康と医療のロジスティクスをターゲットにしており、ワクチン、化粧品、食品、医薬品などに敏感な製品の需要の高まりに対応するために、顧客に近い場所に位置する多くのコールドストレージが必要です。

ベトナムの不動産市場が着実に発展し、需給相差を克服するためにLê Quang Hùng建設副大臣は、2021年不動産市場への外国投資を誘致するインセンティブメカニズム、政策、ソリューションの研究開発を継続し、社会住宅、低価格商業住宅などの社会の大きなニーズを満たすために不動産製品の開発を奨励することに焦点を当てると述べた。

 

2021年の不動産市場は、政府が経済界を支援して多くの政策を発表したおかげで、多くの「明るい兆し」が期待されています。2020年2月に発行された法令第25令は、入札した投資家の土地は、報酬の完了後すぐに実施されることを規定しています。法令第41は、税金とお金の支払いのための時間制限を延長します。建設省の21は、25m2以上のアパートに有効であることを規定しています。法令148が、2021年2月8日から施行される土地法の実施を詳述する多くの法令を改正します。何千ものプロジェクトを救済する重要な施策は、供給不足のボトルネックを取り除き、不動産市場に「新たな風を吹き込む」ことが期待されます。


≪ 前へ|オーシャンパークカタログ1   記事一覧   ホーチミン 開発状況|次へ ≫

トップへ戻る